55

55歳と272日

奥山の もみぢ踏み分け 鳴く鹿の           声聞くときぞ 秋は悲しき

百人一首のひとつでもある猿丸太夫の歌。

好きな歌のひとつでもある。

実際は紅葉が落ちる頃、今で言うなら11月~12月の歌なんだろうけど・・・。(奥山だから、もう少し早い時期かな)

秋は「人恋しい」季節である。

自分の場合、夏の終わりから、9月、10月くらいが一番その気持ちが強くなる。

11月になると寂しさから解放される、というより、じっと耐えて過ごすことに慣れたという感じだろうか?

逆に春は気分が高揚しているのか、そんな気分にはならない。

人恋しい気持ちと孤独感は表裏一体だと思う。

大原

京都 大原