55

55歳と55日

なにやら関東の方では喫煙者締め出し運動が盛んなようだ。

確かに煙草を嗜まない方々には煙草の煙、臭いは害以外の何物でもないだろう。

副流煙が云々という話には喫煙者側とそうでない側でいろいろな資料をだしてくるから、どれが本当なのかもわからない。

例えば、喫煙者側が副流煙は害だという論を、あるいはそうでない側が副流煙が必ずしもがんを誘発するものでもない、という主張をすれば信じるに値するような気もするが、どちらも当然自分に都合のいい話しか取り上げないから、ついつい眉に唾をつけてしまう。

ちなみに私は喫煙者であるので、その点、話し半分で判断してもらえればいいと思う。ま、そんな論文を発表するような身分ではないが・・・。

しかし、現在行われている東京五輪にちなむ禁煙(嫌煙)運動は、どうも納得がいかない。

気持ちのわだかまりというか、微妙に何かが違うと心が叫ぶのだ。

それは何が理由なんだろうと考えてみたところ、一網打尽的店内禁煙っていうのは、どうも違う気がするのである。

そもそも、お上がそんなことを決めていいのだろうか?という点。そう決めるのであれば全国で煙草を販売禁止にすればいいのだ。

実際、麻薬などは禁止しているではないか?

販売して多額な税金はむさぼり取る、しかし、一方で禁煙、煙草を吸えないようにして、いかにもこの国は健康に気を遣ってます的アピール。

ダブルスタンダードもここまでくるとやはり性質が悪い。

いやいや煙草を全面禁止にすると煙草農家や販売業者が困るでしょ?と言うのであれば、もうすでに困っているんじゃないの?って思う。

間違ってもらっては困るのは、飲食店での禁煙について僕はしていただいても構わない。ただ、それはお店が決めればいいのであって、なぜ、役人が強制するのかが理解できないということだ。

その点、お店の入り口に禁煙席の有無や喫煙の可否を記していただいたら、という意見には賛成できる。

いずれの立場の人も嫌なら入らなければいいし、入りたければ我慢すればいい。

現実に自分も煙草の嫌いな人と食事に行く際に禁煙の店に入っても問題はない。

とにもかくにもかたや法律で禁止していないものを条例等で禁止するというは、そのやり方が間違っていなくても違和感があるということだ。

ちょうど自分たちが高校生だった頃、自動二輪の免許は取得できるが三ない運動で禁止されていたように。

どう考えても自分はこの矛盾を肯定する気にはならない。

岡崎公園

岡崎公園 SONY RX100M4