読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

55

55歳と68日

喫煙習慣ができておおかた35年以上の月日が流れた。

途中でショートホープ、チェリー、ラッキーストライクジョーカーなどに浮気したこともあったが、結局はセブンスター(それもソフト)が一番自分に合っているような気がする。

シガレットだけでなく、パイプ、煙管、手巻きなどもかじったが、どれも帯に短し、襷に長し・・・、結局はセブンスターに戻ってしまうのだ。

会社で仕事をしている時は昼休みに2本、帰りに2本くらいしか吸わないが、その分、自宅に戻ると鎖喫煙になってしまう。

以前読んだ、「手巻きタバコ STYLE BOOK」という本の中で、鹿児島のタバコ屋さんのご主人の「そろそろ惰性のたばこはやめにしたらどう?」というニュアンスの言葉が紹介されていた。

そう、いわゆる「ながら煙草」はやめにして、ゆっくりと煙草吸う時間を確保して、喫煙自体を楽しみましょう、という意味合いのようだ。

思えば、自分の喫煙スタイルは「ながら煙草」。何かをしながら煙草を吸う。だから、シガレットが一番扱いやすく、吸いやすい。

しかし、それって本当にその時、煙草を吸う必要があるのか?と聞かれると、答える言葉が見つからない。

今までの喫煙経験の中で、本当に煙草が美味いと思ったのは、大学時代、運送会社で力仕事をした後に吸う一服だった。

いい汗をかいて一服。健康なんだか不健康なんだかわからないけど、すごく充実した気分になったことは記憶に残っている。

思えば最近はそんな気持ちになったことがない。

Lazy morning

55歳と55日

よもやまばなし

なにやら関東の方では喫煙者締め出し運動が盛んなようだ。

確かに煙草を嗜まない方々には煙草の煙、臭いは害以外の何物でもないだろう。

副流煙が云々という話には喫煙者側とそうでない側でいろいろな資料をだしてくるから、どれが本当なのかもわからない。

例えば、喫煙者側が副流煙は害だという論を、あるいはそうでない側が副流煙が必ずしもがんを誘発するものでもない、という主張をすれば信じるに値するような気もするが、どちらも当然自分に都合のいい話しか取り上げないから、ついつい眉に唾をつけてしまう。

ちなみに私は喫煙者であるので、その点、話し半分で判断してもらえればいいと思う。ま、そんな論文を発表するような身分ではないが・・・。

しかし、現在行われている東京五輪にちなむ禁煙(嫌煙)運動は、どうも納得がいかない。

気持ちのわだかまりというか、微妙に何かが違うと心が叫ぶのだ。

それは何が理由なんだろうと考えてみたところ、一網打尽的店内禁煙っていうのは、どうも違う気がするのである。

そもそも、お上がそんなことを決めていいのだろうか?という点。そう決めるのであれば全国で煙草を販売禁止にすればいいのだ。

実際、麻薬などは禁止しているではないか?

販売して多額な税金はむさぼり取る、しかし、一方で禁煙、煙草を吸えないようにして、いかにもこの国は健康に気を遣ってます的アピール。

ダブルスタンダードもここまでくるとやはり性質が悪い。

いやいや煙草を全面禁止にすると煙草農家や販売業者が困るでしょ?と言うのであれば、もうすでに困っているんじゃないの?って思う。

間違ってもらっては困るのは、飲食店での禁煙について僕はしていただいても構わない。ただ、それはお店が決めればいいのであって、なぜ、役人が強制するのかが理解できないということだ。

その点、お店の入り口に禁煙席の有無や喫煙の可否を記していただいたら、という意見には賛成できる。

いずれの立場の人も嫌なら入らなければいいし、入りたければ我慢すればいい。

現実に自分も煙草の嫌いな人と食事に行く際に禁煙の店に入っても問題はない。

とにもかくにもかたや法律で禁止していないものを条例等で禁止するというは、そのやり方が間違っていなくても違和感があるということだ。

ちょうど自分たちが高校生だった頃、自動二輪の免許は取得できるが三ない運動で禁止されていたように。

どう考えても自分はこの矛盾を肯定する気にはならない。

岡崎公園

岡崎公園 SONY RX100M4

55歳と25日

よもやまばなし

立春も過ぎて暦の上では春。

しかし、まだまだ寒い日が続く。

最近では毎晩、カイロにベンジンを入れるのが日課になっている。

アナログ。

先週の金曜日、元同僚の女性と食事する機会があった。

歳の差25歳、彼女のお父さんは自分と同じ歳である。

彼女がうちの会社に採用されたのが縁で、ともだちつきあいが続いている。

似た者同士というか、そんな感じ。

一軒目は難波にある隠れ家的ワインバーで、二軒目はその近くにある地中海レストランで。

まぁ、アルコールにはそれほど強くない自分(彼女は強いのだが)なので9時過ぎにはお開きというのが常な二人。

この日もそう。

すべての写真-1567

グラスワインのレッド、ラフロイグのロック、そしてジントニック

ほろ酔い気分で帰宅。

楽しい時間を過ごせた。

55歳と19日

よもやまばなし

気がつけば誕生日を過ぎ、あっという間に1月も終わった。

今年の3月に退職する人の引き継ぎで、12月以降、結構てんやわんやの日が続き、ちょうど誕生日あたりが峠。

なんとか終えたものの、来年、一人でやり遂げられるのか、若干の不安を残す。

あと5年なのか、10年なのか・・・。

それとももっと働き続けないといけないのか・・・。

ゴールがあるから頑張れるタイプなんで、結構、それがないと精神的にきつい。

真如堂

誕生日に、いつも自分でお祝いの品を買うことにしている。今年は何にしようかな~、っと思って、いろいろと考えた。

55といえば、ある意味節目の年だし、後、何年生きれるかも現時点では不明。

これからずっと使えるもので、かつ、その歴史がものに刻まれるものがいい。

それも経年劣化ではなく、エイジングが自然と刻まれるようなものがいいと思った。

で、前々から欲しいな~っと思っていた、パイプを注文することにした。

日本が誇るパイプメーカー、ツゲのトウキョウ552スムースというもの。ポーカータイプでシャンクは根竹が使用されている。

聞くところによると、根竹部分は”煙や手脂により味わい深い琥珀色に変わる”らしい。

そこまで使いこなせるか・・・。

早く届かないかな・・・。

54歳と337日

よもやまばなし

昨日は免許の更新に行った。

今までは門真の試験場に日曜日に行っていたのだが、早起きして寒い中出向くのもめんどくさいので、今回は勤務地最寄の警察署で行うことにした。

19歳の春に原付、19歳の夏に中型、大学卒業の年に普通自動車、そして、35歳の夏に念願だった大型自動二輪を取得した。

今の愛車はKawasakiのW650、2004年式である。

四輪はいずれも軽自動車のSUZUKIのセルボ(1988-1993)とワゴンR(1993-2002年)に乗っていた。

自動二輪(原付含む)はDAX50、DT125LC、GPZ250、TLR200、VT250spada、AX-1、Eliminator250LX、そしてW650。

まぁ、乗っている割に腕の方はいまいちならぬ、いまさんくらいなんだけど。

違反歴の最後は平成元年の五月五日。

忘れもしない、当時、仲の良かった女性とゴールデンウィークに須磨に行こうと国道2号線を走っていて、信号の手前で進路変更をして待ち構えていた警官に御用となった。

それまで楽しかったデートも一転、結局はそれを境にするように仲が疎遠になってしまったと記憶している。

ま、そんなことはともかく、とりあえず27年間無事故無違反(軽微な事故(もらい事故)あり、無検挙?)継続中である。

次の更新は60歳か・・・。

その時もまだバイクに乗れているかな・・・。

Kawasakiw650

何十年ぶりかで(門真で更新の場合は、試験場で無料で撮影してもらえる)、駅前とかに設置されている証明書写真撮影機で写真を撮った。

出てきた写真には6人の髪の毛ぼさぼさのおじさんが写っていた。

54歳と335日

よもやまばなし

12月もあっという間に半ばとなった。

つまり、今年もあと残すところ2週間とちょっとということだ。

ふりかえってみて、いい年といえるだろうか?

毎日、毎日、自宅と職場の往復の繰り返しで、休みになると疲労からか家でごろごろするばかり。

いや何も外出して、美味しいものを食べたり、どこかへ出かけたりするばかりがいいことではないと思いたいのだが・・・。

人、それぞれの価値観は違えど、世間からは共通の価値観を押し付けられている、そんな錯覚に陥ることもある。

自分は自分。

そうは思っても、周囲の声に惑わされる自分も自分。

いやはや、まるで禅問答だ。

Vietnam coffee

友人がベトナム旅行に行って、お土産にベトナムコーヒーをいただいた。

ステンレス製のドリッパーがついていて、早速、飲んだ。

一口目は苦い。ただ、飲むほどに味わい深いことがわかる。

それをSNSで披露したところ、別の友人から「あれ?練乳はいってない?」とのご指摘。

ありゃりゃ、ベトナムコーヒーは練乳入れるのがスタンダードみたい。

知らなかった。

54歳と328日

よもやまばなし

昨日の夕方から一気に冷え込んでいる。

12月も第二週に入って、今年も残すところあとわずかとなってしまった。

結局、この一年間に何かをした、という記憶はない。

ただ、毎日、毎日、同じことの繰り返しで過ごしてきたに過ぎないのである。

これといったイベントもなく、嬉しいこともなかった反面、悲しむこともなかった。

そんな人生があってもいいだろう。

枯れてる?そう言われても仕方がない。

だけど、枯れていることがいけないと誰が言える?

晩酌

わさび漬けとたまご焼き、そして日本盛を熱燗でいただく。

ちょっとした幸せ。